Earbudヘッドフォンが小さく、軽量でコンパクトなビートのためのサイズ!

  イヤホンヘッドフォンは、通常、平均的なドングリのサイズであるヘッドフォンの種類です。 これらのタイプのヘッドフォンでお金を使う前に、そうする前に考えるかもしれません。 それは多くの利点だけでなく、欠点を持っているので、その利点は、それがあなたを引き起こす可能性のある損傷よりもあなたに利益をもたらすか bluetoothイヤホン B08H26CPH2 IPodが音楽の世界に入って来たときに、earbudのヘッドホーンは普及するようになったも。 当社はリンゴを送るこれらのユニットと小さなヘッドフォンを各パッケージです。 これらのタイプのヘッドフォンは小さすぎるので、安全な場所に保管し、ペットから離れて保管しなければならないことに注意してください。 とならないかもしれませんせいろうとしているのです。 さて、私たちは最初のイヤホンヘッドフォンを持つことの利点を置くために開始しましょう。 イヤホンヘッドホンは本当に小さく、軽く、非常にコンパクトです。 どこにでも持ち込めます。 それはまた持っている自身の包装を持ち、もつれなしでコードを貯えるためのスプールを有する。 一部にまた外的な騒音を湿らせるきちんとした適切な泡の部分がある。 あなたは音量のレベルを上げる必要がなく、耳をつんざく騒音レベルからの聴覚の問題を避けるために非常に便利です。 これらの種類のヘッドフォンもいいベースの応答が非常に驚きを考慮した小さなサイズです。 その後について、正面にこのearbudヘッドフォン、みましょう話になデメリットを持つこと。 のための新しいユーザーのearbudヘッドフォンではないか、ということを仲間とのない快適な着こなので配置されることには耳ンテーションのスタイル: もう一つ、小さな耳運河があります。 まあ基本的には、ワンサイズはすべてに合わない。 生成される音は、実際にこれらのイヤホンヘッドフォンが耳にどのように収まるかによって異なります。 脱出の空気容積はそれにより甲高い音色を作る低音の応答を、減らす。 耳の感染症も別のものです。 耳の中に入る泡の部分を頻繁にきれいにするか、はるかに良く交換する必要があります。 間違いなく、すべてには独自の長所と短所があります。 この場合、イヤホンヘッドフォンを所有するいくつかの正の側面と負の側面が与えられているので、これらのタイプのヘッドフォンを購入するこ